女性の一人暮らしで防犯性を高めるポイントとは?

アパートで一人で暮らしている女性の心配は、「犯罪防止」です。

緊急事態に誰もいないときは、家族を助ける人は誰もいないので、あなたは心配するでしょう。

このコラムではアパートの防犯対策について紹介します。

通常の行動を意識することによって犯罪を意識しないことにつながります。

それは簡単に始めることができます。

一人暮らしを始めたり一人で暮らすことを考えているなら、それを参照してください。

移動する前に確認してください!

アパートのセキュリティポイント

女性がアパートに一人で住んでいるときに心配するのは、「犯罪防止」です。

アパートの防犯対策を見てみましょう。

以下の機能を備えたアパートメントをお勧めします。

・モニタとのインターホン

ドアを開ける前に誰が開けたのかを確認できるので、自信を持ってドアを開けることができます。

・ダブルロック

侵入者に2つの錠が犯罪に対してより安全な対策を取っているという印象を与えます。

・ディンプルキー

これは従来のギザギザのキーではなく、丸い凹部が多いキーです。

それは複雑な構造で作られているので、ピッキングに強く、高いセキュリティを持っています。

現在、意識も高く、広がっています。

・ポストキー

アパートの入口付近のポストがロックされていると、内部に何があるかを見ることができ、盗まれることはありません。

個人情報の漏洩の可能性は低くなります。

一人暮らしの女性には注意してください

私はアパートの防犯措置を導入しましたが、女性が一人で暮らしているときには、どのように注意するべきかを示します。

セキュリティ機能だけでなく、私たち自身の行動にも注力しましょう。

・私は誤ってドアを開けません。

たとえば、騒音が聞こえるときなど、ドアを不用意に開かないようにしましょう。

侵入者は少しでも犯罪を犯した。

・自宅でキーを閉じる

私たちが家にいるときにキーを閉じましょう。

侵略者に遭遇する可能性があるので、それを閉じても安全です。

・しばらく外出してもキーを閉じる

近所のスーパーやコンビニエンスストアに行ってドアを閉めるなど、ちょっと出かけるだけでキーを閉じましょう。

ごみ処理などのわずか数分を心に留めておくことは安全です。

・音楽を聞いて帰宅しない

あなたがイヤホンを着て歩いていると、外部音に気付きにくくなります。

あなたが音楽を聴いているときに家に帰りましょう。そうすれば、わずかな騒音も聞こえます。

特に夜間は注意が必要です。

・もしあなたが洗濯物で一人で暮らしているなら、それを落とさせないでください

女性だけの服がベランダで乾燥しているということだけが生きていることが注目されています。

可能であれば、ベランダで服を洗濯しないようにしましょう。

あなたが本当にベランダの洗濯物を乾かしたい場合、女性が男性の服を着用して単独で暮らしていることに気付くのは難しいでしょう。あなたがライトを点灯させるとすぐに、あなたが住んでいる場所が疑わしい人に晒されることがあるようです。

光が漏れるのを防ぐために、遮光カーテンではなく部屋から光が漏れるのを防ぐ方法を工夫してください。

シンプル!

商品を使ったアパート犯罪

商品を使ってアパートの防犯対策を紹介します。

物品の使用はセキュリティをさらに高めるでしょう。

防犯アラームの取り付け

何か間違ったことを聞くと、周囲の異常を知らせるための音が鳴ります。

犯罪防止警報の音を聞いた侵入者は急いで逃げるでしょう。

窓やドアの衝撃を感知することで鳴るタイプもあります。

セキュリティアラームは市場で販売されており、ホームセンターで利用可能です。

セキュリティアラームの取り付けは比較的簡単なので、自分で行うことができます。

小さなブザーもありますので、日常から持ち歩くほうが良いかもしれません。

防犯フィルムを着用

侵入者が窓を割って内部に侵入するので、防犯フィルムを貼って窓を強化することができます。

価格も比較的安いので、あとでセキュリティフィルムを付けることができますので、お勧めします。

しかし、良くない効果が薄くなる場合があります。

補助ロックを取り付けます

使用しているキーに別の補助ロックを追加することで、セキュリティがさらに強化されます。

2つのロックが付いているので、侵入に時間がかかると考えることができるので、抑止効果が期待できます。

セキュリティフィルムと補助ロックを取り付けることも、業者に要求することができます。

セキュリティフィルムが正確に貼られていなければ効果はありません。また、女性が単独で補助錠剤を取り付けることは困難です。

その場合、経験豊富なディーラーに相談して迅速に対応します。

市場価格は以下の通りです。

・防犯フィルムの交換を5,000円から

・補助ロックの取り付け25,000円〜

この価格は目安です。

セキュリティフィルムの種類や鍵、勤務時間、旅費などによってコストが変わる可能性がありますので、電話で確認してください。

あなたは作業の前に推定を取っておくべきです。

マンションにおける防犯対策のポイント

マンション内の防犯対策は、管理会社や家主に連絡した上で犯罪対策を施す方が良いということです。

管理会社や家主を確認していない場合は、鍵を交換してください。補助錠をつけると、退室時にトラブルが発生することがあります。

まとめ

女性が一人で暮らしているとき、アパートの防犯対策を導入しました。

あなたはできる防犯対策と物資を使った防犯措置を身に付けてください。

商品を使用して犯罪対策を講じる場合は、事前に管理会社または家主に確認してください。

キーに問題がある場合は、業者に尋ねることをお勧めします。

経験豊富なディーラーに相談して迅速に対応します。

関連記事

ページの先頭へ